現実世界の体験は
もっとよくなる

価値観や接触メディア、通貨のあり方に至るまで、
変化が加速する現代において
リアルとデジタルを横断したソリューションの提供を通じ、
エンドユーザーに貢献する。
我々が目指すゴールは顕在化されたニーズの先にある
新たな価値の創出です。

リアル/デジタルの垣根を越え
問題解決と統合的な価値提供を実現する

株式会社DGマーケティングデザイン 代表取締役会長
株式会社アイリッジ 代表取締役社長
小田健太郎

アイリッジは、スマホ黎明期である2008年の創業以来、O2O(Online to Offline)のリーディングカンパニーとして、スマホアプリを活用したマーケティングを推進してきました。

消費者の嗜好が多様化する現在、アプリを通じたOne to Oneマーケティングの重要性は益々高まっています。その一方で、消費者の行動がオンラインとオフラインを絶え間なく行き来するようになる中、アプリ・WEBのデジタル領域だけでなく、店舗・店頭のリアル領域も融合した一気通貫のマーケティングの必要性が増してきています。

そのような背景のもと、DGマーケティングデザインは、デジタルガレージのビジネスデザインカンパニーを前身に、2018年にアイリッジとデジタルガレージの業務資本提携によりスタートいたしました。リアルの領域に強みを持つDGマーケティングデザインと、デジタル・テクノロジーに強みを持つアイリッジが連携することで、高度化するマーケティングニーズに対応します。

DGマーケティングデザインは、アイリッジ・デジタルガレージとの強い連携のもと、リアル/デジタルの垣根を越えて、従来のマーケティングの枠組にとらわれないマーケティングを提供し、マーケットの本質的な課題解決を実現していきます。

「人を動かす」

株式会社DGマーケティングデザイン 
代表取締役社長
岩井直彦

DGマーケティングデザインは、2018年6月25日にデジタルガレージより新設分割され会社設立し、同年8月1日より株式会社アイリッジと株式会社デジタルガレージの資本のもとスタートしました。

前身であるビジネスデザインカンパニーでは長年にわたり企業のプロモーション支援事業を主領域としていました。

DGマーケティングデザインではこれまで培ってきた実績に加え、O2O事業のリーディングカンパニーであるアイリッジ社との連携にてリアル/ジタルの垣根を超えたマーケティングを提供できる組織として、デジタルガレージグループともこれまで以上に事業の連携を推進していきます。

ビジョンとして「マーケットの本質的な課題解決を実現する」を掲げ、時代の変遷とともに複雑化・高度化が加速していく現在、統合的な価値提供が必要とされる状況において「メディア」「クリエイティブ」 「データ」「テクノロジー」これらあらゆる手段手法を駆使し、課題解決の実現を目指します。

リアル/デジタルの垣根を超えたユニークさと、実績に裏付けされた実行力を提供するマーケティングカンパニーです。